賢いキャッシングの使い方
新潟のサラリーマン、お金が足らなくなる
Menu

キャッシングするとどれだけの金利がかかるのか? 2017年11月29日

こんにちは。新潟のシャチです。

いよいよお金を借りないと生活できないレベルにまでなってきました。

旅行も控えてるし、節約してどうにかなる問題でもなさそうです。そろそろキャッシングを本格的に考えていく必要が出てきました。

返せる見込みがあるとはいえやっぱりちょっと不安でもあります。だって金利?利息?って結構高いんですよね?

調べてみると、金利は、最大で20%まで設定していいんだとか。それ以上だと法律違反になってしまうそうですね。

20%ということは、10万円借りたら、2万円の利息ということですかね?結構しますよね・・・。

じゃあ、10万円借りたら12万円返さなきゃいけないということなのか?と僕は思ってたのですが、どうやらそうとも限らないみたいです。

この20%というのは、「年率」というもので、1年間にかかる利息ということなんですね。

なので、1年間借りてたら2万円になっちゃうけど、基本的に毎月返すことになるので、例えば、10万円を借りて次の月に返せば、

2万円÷12で1666円。意外と安いかも?ってちょっと思ってしまいました。

しかも法律で決められてる上限は20%なのですが、実際に20%に設定してる業者はないようですね。高くても18%。だから、1500円。

しかも信用度や、借りる額によってはもっと低くなることもあるそうですよ。4%とか。そうなるとかなり安いですね。

ちなみに返済期限を過ぎたりすると、ペナルティとして、金利を上限の20%に引き上げられてしまうんだとか。これは気をつけたいですね。

とくに4%で借りてた人が一気に20%になったら大打撃です。借りてる額も大きいはずですしね。

要するに期限までにちゃんと返しましょうってことですね。よし!お金借りよう!

 

カテゴリー 未分類